のんびり穏やかに素敵な時間を

  Slow life,Slow knitting.のナビゲーター   トップページ > 2010年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11年前の子供ドレスと子供ソーイング本

2010 - 01/31 [Sun] - 19:26



  先日、長い間開けることもなかった収納を少し整理しました。

  もう5~6年も整理どころかほとんど開けることもなかった棚です。

  当然そこに入っているものは不要なもの。

  せっせと片付けなくちゃなりませんね。

  そんな収納から懐かしい手づくりの一品を発見。

IMG_1972.jpg

  私の妹が結婚するとき、今中1の長女(当時2歳ぐらい)が花束贈呈をすることになりました。

  当時、小さい子供のドレスは専門店で高いものを買うかレンタルしかありませんでした。

  元来のハマりやすい体質と、もてあました時間がたっぷりあったので

  何を思ったのか「自分で作ろう」と思ったのです。

  本を探して、編むデザインを決定。

  当時、ネットで生地を購入するなんてことはできませんでしたので・・・

  新宿(だったと思う)のオカダヤさんに電話で注文しました。

  サテン地、オーガンジー、チュールレース、専用ミシン糸、ゴムカタン糸などなど・・・

  すべて購入したので材料費だけでかなりのものでした。

  久々に広げてみると、遠くから見ればまずまずの出来具合(?)

  でも、よ~~く見るとしるしつけのチャコの後は残ったまま。

  襟元やすそに付けられたバラの(つもりの)飾りもぶら下がってる感じでした(笑)

IMG_1973.jpg

  スカート部分は3重構造。インナーは2段のティアードになってます。

IMG_1975.jpg

  スカートにはシャーリング。このシャーリングのおかげでずいぶんアラが隠せます(笑)

  お揃いでオーバーパンツとヘッドドレスもありました(写真取り忘れました)

  今は、雑貨や酸などで4,000円~5,000円ぐらいでかわいいドレスが売られてます。

  ちなみに、このドレス・・・結婚式当日1回しか着てません。

  多分「作ってあげた」という自己満足ですね(笑)

  捨てるわけにもいかず、元通り袋に入れて収納に入れました(笑)


  懐かしくなり、手持ちの洋裁本を引っ張り出してみました。

  このドレスを作った本は洋裁をする友達にあげてしまいました。

IMG_1977.jpg

  それでもまだ、子供向けの本がこんなに(笑)




ホームクチュール・女の子の服

  一番気に入っているのはこの本。まだ現行本なのね。


  掲載されているのは、流行に左右されない優等生タイプの洋服。

  でも、すごく大好きなデザインばかりです。

  何点か紹介。

IMG_1980.jpg

  なんといってもコレ。かわいいったらもう!

  女の子にママが作ってあげるワンピースの定番のような形です。
  パフスリーブに大きめリボン。フンワリシルエットのスカート。

  こんなかわいいドットの生地があったら、作ってみたいと思います。


IMG_1981.jpg
 
  この2点もたまらないです。

  いつか作ってあげたいなー。


IMG_1982.jpg

  それと、表紙のワンピース。

  黒白のチェックで作ってもかわいい。ヘリンボーンで作ったらどうだろう。


  他にも、親子お揃いのエプロン、シャツ、シャツワンピなどなど

  数多くのデザインが掲載されてます。もちろん実寸大型紙付き。

  対応サイズは110~150センチ。うちの下の2人の娘もまだまだイケる。

  末っ子が新しく習い事を始めるので、お稽古バッグが必要になりミシンが出動しそうです。

  リネンの在庫もあるし、子供服用に買った生地の在庫もある。

  久々にソーイング熱が高まりそうな気がしてます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村  

スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

3匹の小娘

Author:3匹の小娘
タイトルを変更してのんびりとはじめました。

最新記事

最新コメント

楽天

楽天市場

AMAZON

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

カテゴリ

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。